トップ / トラブルのない髭のお手入れ方法

男性の髭脱毛を紹介

トラブルのない髭のお手入れ方法

上手な髭のお手入れ方法

<トラブルなしの髭のお手入れ方法>
髭は毎日少しずつ伸びていくので、毎日お手入れをする男性も多いかと思います。髭剃りで肌トラブルが起こったことがある人は、お手入れ方法を見直してみてください。

まず、髭自体が伸びすぎてしまうと無精髭となってしまい、不衛生に見えてしまいますので、トリマーにアタッチメントをつけて長さを均一にします。髭の長さが揃うと見た目にも、清潔感ある髭に仕上がります。

次に、髭のお手入れには朝が一番です。髭は朝6時~10時に一番伸びますので、濃い人の場合は、夜剃ると翌日の昼ごろには伸びてきた髭が気になる状態になってしまいます。朝は肌に張りもあって剃りやすい状態になっていますので、朝髭を剃ったほうがきれいな肌が長持ちします。

まずは、ぬるま湯で顔を洗って硬くなった髭を柔らかくし、お肌についた老廃物を落とします。その後シェービング剤をつけて剃ります。

石鹸を使うと、刃のすべりが良くなるのですが、アルカリ性なので肌が刺激を受けやすくなってしまいます。このため、石鹸や洗顔料を使う際は弱酸性のお肌に優しいものをおすすめします。

そして、剃る時には毛の流れに沿ってゆっくりと剃りましょう。毛深さを解消するために、できるだけ深く剃ろうとすると、肌表面の角質も削り取ってしまい、肌あれやカミソリキズを付ける原因となってしまいます。また、毛の流れと反対方向に剃る逆剃りもお肌に負担になってしまいます。

<丁寧なお手入れできれいな肌に>
剃った後は、お肌にシェービング剤が残らないように丁寧にすすぎます。髭を残している場合はその部分が不衛生になりやすいので、地肌を洗うように心がけましょう。髭のお手入れの後は、アフターシェーブローションや化粧水などで、髭剃りで痛んだ肌を整えます。

また、使った後のカミソリやシェーバーは毎回洗って乾かします。細菌が繁殖しないように、熱湯消毒をしておくとベストですね。切れ味が悪くなってきたらすぐに取り替えてください。